トーシンパートナーズ

FEAT.MEMBER 05

トーシンいちの泣き虫は、仲間のために泣ける人へ。

A.N
営業本部 
第3営業グループ 
チームリーダー

始まりは、どん底。 始まりは、どん底。

営業の仕事は、結果がすべて。最初の頃は数字がついてこないことが悔しいやら、情けないやら。会社でも家でも、よく泣いていました。きっと、トーシンいちの泣き虫でしたね。特に入社1年目の時、仕事に行き詰まって、悩みに悩んでいた時期がありました。同期がどんどんご成約をいただいてくる中、手応えゼロ。気分はどん底。でも、ずっと泣いていても始まらない。このままじゃだめだと勇気を出して、結果を出している先輩に突撃しました。他の部署の先輩にまで厚かましくもお邪魔して「どうすれば結果が出るか」質問攻めに。忙しいのにも関わらず「じゃあ飲み行こうか」とそのまま居酒屋へ連れて行ってくれる先輩たちには本当に助けられました。仕事のテクニックより、ただ、前向きなオーラをもらっていたような気がします。少しずつ結果はついてきて、今でも、あの時先輩たちの支えがあったから頑張れたと、つくづく思います。

今度は、私が助ける番だ。 今度は、私が助ける番だ。

そんな泣き虫だった私も、今では部下を育てる立場に。最初は、自分とは異なる考え方や価値観を持つ子たちを理解できず、苦労しました。でも、気付いたんです。無理に理解する必要はなく、まずは、相手の価値観を受け入れること。その上で、やる気を後押しできるように、まずは自分が背中で示していくことが大事だと。だから、昔に比べて、自分の発言や仕事に対する姿勢に責任を持つようになりました。今では、自分のことで泣くことはありません(笑)。でも、チームメンバーが成長したり、チームのことを考えて行動しているのを見るとやっぱりグッときてしまいます。この間も、あるメンバーが初めて自分1人で商談をまとめてくれた時は感動しました。私が不在の間に、悪天候の中何度も足を運んで頑張ってくれて。その子が弱点を克服しようと頑張っている姿も見ていたので、それを乗り越えたことになおさら感動して、号泣してしまいましたね。

FEAT.MEMBER

top

ENTRY

新卒採用

  • リクナビ
  • マイナビ
  • キャリスタ就活

中途採用

現在募集しておりません