LOCATION

日本の中枢に住まう。
エグゼクティブに選ばれる千代田区の高い付加価値

東京23区のほぼ中央に位置する千代田区。官公庁や大企業のオフィスが集中する日本の中枢として
インフラをはじめ人の営みに必要な機能が最先端のレベルで整備され、
そのアドバンテージが職住近接を求める若きエグゼクティブたちに認められています。

※数字をクリックするとジャンプします。

オフィスビルと複合した大規模商業施設が続々と誕生し、常に賑わいを見せる
東京駅周辺エリア。日本橋三越本店やコレド室町、日本橋高島屋S.C.などが展開する
日本橋エリアへのアクセスもよく、休日や仕事帰りのお買い物にも便利です。

  • 丸の内ビルディング・新丸の内ビルディング

    旧丸ノ内ビルヂングと新丸ノ内ビルヂングを建替え、2002/2007年にそれぞれ竣工。東京駅から地下道で直結、ショッピングのほか飲食店も充実しており、観光や買い物客だけでなくビジネスパーソンがアフターファイブを愉しめる環境も整っている。

  • KITTE丸の内

    日本郵政が展開する商業施設。ご当地の味からこだわりのセレクトグッズまで、選りすぐりのジャパンブランドが取り揃う。
    4階に旧東京中央郵便局長室を復元したスペースがある。

  • 東京ミッドタウン日比谷

    日比谷三井ビルディング(旧三井銀行本店)と三信ビルディングの跡地にできた大型複合商業施設。ショップ、レストラン、映画館のほか、パークビューガーデンなど憩いの空間も充実。

  • ヨドバシカメラ
    マルチメディアAkiba

    一般の買い物客だけでなく外国人観光客にも人気のスポット。携帯電話やPC関連機器、家電製品、オーディオ機器から書籍、レストランまで幅広い。

千代田区の大学数は14校(2017年5月1日現在)で、23区・第1位。多くの大学がそれぞれの
特色を活かして商工団体との交流・連携を図ったり、公開講座や図書館の相互協力に
取り組むなど、開かれた大学として社会および地域貢献にも力を入れています。

  • 明治大学

    1881年(明治14年)明治法律学校として創立。東京六大学の一校。現在は法学部をはじめとする全10学部および大学院と専門職大学院がある。

  • 法政大学

    1880年(明治13年)東京法学社として創立。東京六大学の一校。市ヶ谷キャンパスのシンボル、ボアソナード・タワーは地上27階・地下4階建て。

  • 大妻女子大学

    創立者大妻コタカが1908年(明治41年)に設置した裁縫、手芸の塾が母体。1949年(昭和24年)に女子大学として設置された。「恥を知れ」の校訓で知られる。

江戸開府以来400年以上にわたり江戸・東京の要として発展してきた千代田区。
神社や文化施設など人の集まる有名スポットだけでなく、老舗店舗や銀行本店、
神田川や外濠にかかる橋梁など、町の随所に歴史的建造物が多く見られます。

  • 神田明神

    正式名称は神田神社。730年(天平2年)に創建。1616年(元和2年)に現在の地(千代田区外神田)に遷座した。小説『銭形平次捕物控』にちなんだ碑がある。

  • 日本武道館

    1964年(昭和39年)9月に完成。同年10月にオリンピック東京大会の柔道競技が行われた。現在は武道大会のほかイベント会場としても広く利用されている。

  • 東京国立近代美術館

    近現代美術作品を随時コレクションし、常時展示した日本で最初の国立美術館。約4,500㎡の展示スペースを有する本館と、工芸館がある。

政治経済の中心地として
各分野の主要機関が集結する千代田区

大手町 丸の内に代表される千代田区のオフィス街には、
日本経済を牽引する有名大企業の本社や全国紙を発行する大手新聞社が集まり、
永田町 霞ヶ関には国会議事堂などの政府機関や官公庁が集結。日本の中枢がここにあります。

※数字をクリックするとジャンプします。

  • 新丸の内ビルディング

    AGC、カーライル・ジャパン・LLC、パソナグループ、東洋エンジニアリング、SMBC日興證券、日本駐車場開発、日本信号、三菱UFJリース、モリソン・フォースター、ニューバーガー・バーマン、シンプレクス・アセット・マネジメント、キヤノングローバル戦略研究所 他

  • 三菱商事株式会社

    東証1部上場企業
    従業員数
    連結:77,476名(2018年3月31日現在)

  • 凸版印刷株式会社

    東証1部上場企業
    従業員数
    連結:51,712名(2019年3月末現在)

  • 山崎製パン株式会社

    東証1部上場企業
    従業員数
    連結:19,478名(2018年12月31日現在)

  • 旭化成株式会社

    東証1部上場企業
    従業員数
    連結:34,670名(2018年3月31日現在)

  • 株式会社キングジム

    東証1部上場企業
    従業員数
    連結:2,172名(2018年6月現在)

  • 三井物産株式会社

    東証1部上場企業
    従業員数
    連結:43,993名(2019年3月31日現在)

  • 日清製粉グループ

    東証1部上場企業
    従業員数
    連結:6,545名(2018年3月31日現在)

  • KDDI 株式会社

    東証1部上場企業
    従業員数
    連結:41,996名(2019年3月31日現在)

  • 国会議事堂

  • 財務省

  • 外務省

  • 株式会社日本経済新聞社

    非上場企業
    従業員数
    連結:9,663名(2018年12月現在)

  • 株式会社読売新聞社

    非上場企業
    従業員数
    連結:4,563名(2018年4月現在)

  • 株式会社毎日新聞社

    非上場企業
    従業員数
    連結:約5,561名(2015年3月現在)

    • ファミリーマート神田佐久間町店
      徒歩2分(約150m)
    • セブンイレブン東神田2丁目店
      徒歩2分(約180m)
    • スギ薬局岩本町店
      徒歩4分(約300m)
    • ライフ神田和泉町店
      徒歩5分(約400m)
    • トモズ神田和泉町店
      徒歩8分(約650m)
    • 三井記念病院
      徒歩7分(約550m)
    • 順天堂大学医学部附属順天堂病院
      徒歩23分(約1,800m)
    • 東京医科歯科大学医学部附属病院
      徒歩24分(約1,900m)
    • 東京大学医学部附属病院
      徒歩35分(約2,800m)
    • 東神田郵便局
      みずほ銀行上野支店
      徒歩1分(約60m)
    • 秋葉原駅東口出張所ATM
      徒歩6分(約450m)
    • 三井住友銀行浅草橋支店
      徒歩7分(約550m)
    • 三菱UFJ銀行秋葉原駅前支店
      徒歩7分(約550m)
    • 和泉公園
      徒歩4分(約350m)
    • 柳北公園
      徒歩7分(約550m)
    • 浜町公園
      徒歩18分(約1,400m)
    • 上野恩賜公園
      徒歩34分(約2,700m)

東京駅周辺を中心に、急ピッチで開発が進む大手町・八重洲・京橋エリア

2020年以降、金融機関やオフィスビルおよび商業施設が集中する東京駅周辺地区が再開発により大きく変貌します。
新たに建設される大規模複合施設には高さ390mの超高層タワーをはじめとする大型プロジェクトが多く、次世代の東京を象徴する街づくりが進んでいます。

●OH-1計画(完成予定 : 2020年)

敷地面積:約2.1ha、施設建築物延べ面積:約357,700㎡

三井物産・三井不動産の共同による大規模複合開発。A棟(地上31階、地下5階)、B棟(地上39階、地下5階)の2棟のオフィスビルを中心に、ビジネスとエンターテイメント両方に対応した多目的ホールやホテル、約6,000㎡の緑地広場などで構成される。

●神田錦町二丁目計画(完成予定 : 2020年)

敷地面積:約1.0ha、施設建築物延べ面積:約85,352㎡

住友商事の大規模開発プロジェクト。地上21階・地下1階建のオフィスビル低層部には飲食店舗を中心とした商業施設や多目的ホールを設置。また合計3,600㎡超のオープンスペースは、地域のお祭りをはじめとする屋外イベントなどにも開放される。

東京駅からわずか18分で羽田へ…
「羽田空港アクセス線」(開通予定 : 2029年)

JR東日本が計画している「羽田空港アクセス線」の開通によって、東京駅から羽田空港まで乗り換えなし約18分でアクセスが可能に。構想ルートは東京駅に繋がる「東山手ルート」、新宿駅に繋がる「西山手ルート」、新木場駅に繋がる「臨海部ルート」の3路線で、まず2029年ごろに「東山手ルート」が開業の見込み。
大幅な時短とダイレクトアクセスが実現することで、都心部から羽田までの移動手段がさらに多様化される。

  • 日本橋室町三丁目地区
    第一種市街地再開発事業A地区(完成予定 : 2019年)

    敷地面積:約2.1ha、施設建築物延べ面積:約168,000㎡

    メインエリアA地区は地上26階、地下3階建の「日本橋室町三井タワー」。オフィス、ホール、屋外広場に加え、地下1階~地上2階には商業施設「COREDO室町テラス」を展開。地下道で東京メトロ「三越前」駅、JR「新日本橋」駅に直結する。

  • 大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業(東京駅前常盤橋プロジェクト)(完成予定 : 2027年)

    敷地面積:約3.1ha、施設建築物延べ面積:約680,000㎡

    三菱地所による東京駅周辺最大規模の再開発事業で、高さ390m・地上61階の超高層タワーを含む4棟と7,000㎡の広場で構成。うちA棟は随所に日本的なモチーフを取り入れたデザインで、低層部の店舗と広場が連動した大規模なオープン空間が整備される。

  • 日本橋一丁目中地区第一種市街地再開発事業
    (完成予定 : 2025年)

    敷地面積:約2.5ha、施設建築物延べ面積:約499,000㎡

    日本橋川に面したA・B街区と、オフィス、店舗、ホテルのほか大規模なカンファレンス施設や住宅などが複合したC街区からなる再開発事業。うちA・B街区には、川沿いのプロムナードや親水広場、店舗などが整備されるほか、船着場も増設される。

  • 日本橋二丁目地区第一種市街地再開発事業
    (2019年竣工)

    開発面積:約2.6ha、施設建築物延べ面積:約289,156㎡

    重要文化財・髙島屋日本橋店を保存活用した新・都市型ショッピングセンター「日本橋髙島屋S.C.」とオフィスを複合。髙島屋本館屋上を中心とした約6,000㎡のオープンテラスや災害時の帰宅困難者受入機能など防災機能も整備されている。

  • 八重洲一丁目東地区第一種市街地再開発事業
    (完成予定 : 2025年)

    開発面積:約1.4ha、施設建築物延べ面積:約241,950㎡

    A・B地区のうちB地区は地上50階、地下4階の超高層ビル。オフィス、店舗のほか、東京駅と羽田・成田への国際空港直行バスおよび主要都市を結ぶ高速バス停留所を集約したバスターミナルや、大学関連病院などと連携した初期医療施設なども整備する。

  • 八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業
    (完成予定 : 2022年)

    開発面積:約1.5ha、施設建築物延べ面積:約289,750㎡

    メインとなるA1街区は地上45階、地下4階、ペントハウス2階の超高層ビル。オフィス、店舗、大型バスターミナルに加え、40~45階に「ブルガリ ホテル 東京」が開業予定のほか低層部には中央区立城東小学校が再整備される。

  • 八重洲二丁目中地区第一種市街地再開発事業
    (完成予定 : 2025年)

    開発面積:約2.2ha、施設建築物延べ面積:約418,000㎡

    地上46階、地下4階建。オフィス、店舗、大型バスターミナルに加え、外国人ワーカー念頭のインターナショナルスクール、サービスアパートメントが入る予定。ほか敷地内に合計約4,000㎡超の広場や京橋エリアに続く広い歩行者通路が整備される。

  • 京橋一丁目東地区計画
    (完成予定 : 2024年)

    敷地面積:約0.9ha、施設建築物延べ面積:約143,300㎡

    永坂産業・戸田建設が2期にわたり開発を進めるプロジェクト。第1期開発の「ミュージアムタワー京橋」では、低層部に「アーティゾン美術館(ブリヂストン美術館)」が2020年1月にオープン予定。